物件情報を集めて住み心地の良い一戸建てを見つけましょう

メリットがたくさんある

積み木の家

「分譲住宅」は、1から計画する一戸建てより安く仕上がるのが最大のメリットです。また、後々になって余分な費用が追加されることもありません。すでにすべてが決まっているので、資金を計画しやすいのが利点です。

詳細へ

家族向きの住宅として

家

滋賀県は子供がのびのびと暮らすにも適している地域として、一戸建て住宅を建てる家族も多くなっています。一戸建てを建てる際には周辺環境をチェックした上で決めることが、成功の秘訣です。人気エリアを見つけましょう。

詳細へ

専用アパートより割安

家の模型

賃貸併用住宅は、自宅の一部がアパートになった個人住宅です。マイホームに暮らしながら賃貸経営による収入が得られる手段として、人気が高まっています。アパート専用の建物を持つ場合に比べ、資金調達の面でメリットがあります。

詳細へ

選択の視野は広く持つ

室内

中古も候補リストに

杉並区で戸建て物件をお探しの時は、新築と中古の両方を視野に入れて検討すると理想の住まいが見つかりやすくなります。杉並区の中でも人気のエリアの戸建ては、どうしても価格が高くなります。通勤や通学に便利で暮らしやすいエリアには、どうしても人気が集中します。マイホームにぴったりの戸建てが見つかっても、価格が高くて手が出ないこともあります。そんな時、中古物件なら予算をはみ出すことなく、希望条件を満たす戸建てが探しやすいでしょう。幸い、杉並区の人気エリアには新築、中古の両方の戸建てが充実しています。どちらにも良い面、気になる点があるので、それぞれの特徴をじっくり比較した上で慎重に決めましょう。最初から新築か中古か決めずに、物件を見て回るうちに決意を固めるのが賢い探し方です。ほぼ新築の中古物件も見逃せません。

新築物件のメリット

杉並区で戸建て物件を探す時、中古も新築も両方視野に入れて物件を回りましょう。それぞれに良さがあるので、最初から「絶対に新築」などと決めつけない方が賢明です。ちなみに、新築物件の魅力はメンテナンスの必要がないことです。中古物件は建物自体の購入金額は安く済んでも、状況によって購入後のメンテナンス費用がかなり高くつくこともあります。また、細かいところだと仲介手数料もかかります。新築の戸建ては設備の修理やリフォームの必要がないので、購入後出ていくお金が多くありません。ただ、リフォーム関連のお金が気になる時は、中古でもリフォーム済みの物件を狙うのがポイントです。新築と同じようにきれいにメンテナンスしてある中古物件は、とても人気があります。